ネット輸出ビジネス 越境EC 個人輸出なら - 塚原昭彦のコンサルティング

HOME > 輸出入コラム > たった3日間で500万円の利益をだした方法!

たった3日間で500万円の利益をだした方法!

ぼくたち個人起業家は大企業と違って、「売上」より、「利益」を追求しなければいけません。

経済活動を行っているのですから当然ですが、日本はいまだに売上至上主義的なところがあります。

自慢げに「今月○百万売り上げました」とかよく聞いたり、見たりしますが、
―――ぼく全く興味ないです。

それより、
「先月20万の利益だったけど、今月は25万になりそうです」
―――めちゃくちゃ興味ありますね。

いつ、どこで、どうやって、いかに利益をあげるか、、、、、
これがおもしろいところでもあります。


でも利益を上げる、メチャ簡単な方法があるんです。

ぼくは何度か転職しています。
最初は銀行に勤めていて、トラックに乗って、そして染色の試験官をやっていた時期があります。「カラーマッチャー」という仕事です。

試験室を任されて、楽しく好き勝手にやらしてもらっていました。
(給料は少なかったですが・・・・・・)

その会社は、染工場に、染料や薬品を卸している会社でした。
ある日、うちの会社に、リストラされた48歳の方が入社してきました。

その方の、正式な入社の条件は、
「2ヶ月間で会社に何らかの利益をもたらす」

自由に行動して、新しい新規取引先でもいいし、売上の貢献でもいい。
内容は社長が判断して決めるというものです。

出社初日、ぼくが月曜と火曜の2日間、取引先を案内して回りました。
染料や薬品を販売してる染工場などです。
「ありがとう、わかった。どこもいっぱいいっぱいやな」
当時、特にタオルですが、中国やカンボジアからの輸入が増えていたので、国内の染工場の経営は厳しいものでした。

そして、あとの3日、
その方は社内でほとんどいて、いろんなところに電話して、ときどき、外出されました。

次の月曜日、その方から社長に報告がありました。
「来月から500万の利益を出すことができました」

「えっ!」
その方、各会社からの仕入値を細かくチェックして、3日間で値引き交渉をしていたんです。

売上をあげるため、会社の営業は卸先の深耕を重点的に行っていました。
いまよりもたくさん買ってもらうように活動していたのです。
そのため数年来、仕入先の見直しは全く行われていなかったのです。

その方は仕入れ値を下げる要請をしたんです。
それにより、売上はそのままで、利益は500万円も上げることができたんです。

3日間で500万円の利益を出せたんです!
いまでも強烈な印象が残っています。
ぼくはそれ以来、「利益最優先」の考えになっているんです。

その方とはいまでもお付き合いさせていただいて、非常によいアドバイスをもらっています。


商品選定ももちろん重要ですが、仕入も非常に重要です。

「ネットの場合、営業なくていいから」
と考えている方もおられるかしれませんが、大きな間違い。

「営業力」
利益に大きな影響を与えます。
すぐ利益を出したい方、仕入れを見直してみてください。


2009.08.23

無料メルマガジンの登録はこちらから

あなたのネット輸出入ビジネスのヒントにしてください。

「輸出マスター」塚原昭彦が、最新の輸出ビジネスの情報、成功事例などをご紹介しています。
会員の募集やセミナー・勉強会、その他のサービスをいち早く告知させていただきます。



発行周期:不定期

PageTop

無料メールマガジン

更新情報

サブメニュー

取材・セミナーについて

取材執筆出張セミナーなどのご依頼はこちらから ご連絡ください。折り返しご連絡差し上げます。

会社概要

株式会社テントゥワン

住所:〒596-0078
大阪府岸和田市
南町上町1-49-7

電話:050-5534-5789

ご購入者の方には
特別プレゼントがございます。

世界一やさしい ネット輸出ビジネスの稼ぎ方

塚原昭彦の書籍 世界一やさしい
ネット輸出ビジネスの稼ぎ方


世界一やさしい 小さな会社のネット集客超改善バイブル

世界一やさしい 小さな会社のネット集客超改善バイブル


日本ネット輸出入協会会員正会員の募集

Valid XHTML 1.0 Strict

Valid CSS!


HOME - サポートメニュー - 教材&サービス - クライアントの声 - お問い合わせ - プロフィール

会社概要 - コンサルティング会員規約 - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。