ネット輸出ビジネス 越境EC 個人輸出なら - 塚原昭彦のコンサルティング

HOME > 輸出入コラム > 会社を辞めて起業した人たちのその後は?

会社を辞めて起業した人たちのその後は?

ぼくのクライアントさんで2人、会社を退職して起業された方がいます。
偶然にも先日、同じ日にスカイプさせていただきました。

お一人は飲んでてどうやらぼくが起業を勧めたような感じ(汗)
その方、起業当初はご苦労されましたが、現在月収○百万です。

もうお一人は、最近会社を辞められた方。
現在、ぼくと同じように、新聞配達と運送会社の仕分けのアルバイトをしながら頑張っておられます。

この方、今月の利益4万円達成!
内容を聞くと、作業量を増やすだけで、来月は10万円いくと思います。
再来月は仕分けのバイトは辞められるでしょう。

この方たちの共通点。

最近メルマガやブログにも書いている、「行動力」はもちろんありますが、質問の仕方が違います。

ま、ま、ぼくのクライアントさん総じてそうなんですが、自分の意見有りきです。
「ぼくはこう思うけどどうでしょう?」という感じ。

決してぼくに丸投げではないんですね。
それに対してぼくの意見や、「こうしてください」とアドバイスさせていただくのですが、キチッとやってくれます。

このような方の進展具合は、結果良くも悪くも非常に楽しみです。
小さな成功事例の積み重ねを意識して、いっしょに楽しみながらやっていきます。


前回のコラムで、テレビや雑誌などで宣伝されている商品は売れやすい、と書きました。
前述の新聞配達しているクライアントさんは、そのような商品を扱ってられます。

もう何人ものクライアントさんがやっているし、ぼくもどれくらいやったら利益だせるかわかっています。

このクライアントさんは、ぼくの予想より早く売れ出しましたが、このような商品のデメリットは「ライバルが多い」「商品寿命が短い」というのがあります。


ライバルにわから~ず、なが~く販売し続けるには、大げさな書き方をすれば、自分から需要を作り出さなくては(見つけ出さなくては)いけないんです。

ぼくの例でいうと、オーストラリアで○○○売ったり、トルコで○○○売ったりです。

この方法はいろいろあります。
オークションではできませんので、サイト販売ですね。

この国を狙って売ろう!と目論んでも、そのターゲット国では見向きもされず、まったく違うところで売れ出すということも多々あります。

偶然の産物も、行動したから起こる必然の結果なんですね。

無料メルマガジンの登録はこちらから

あなたのネット輸出入ビジネスのヒントにしてください。

「輸出マスター」塚原昭彦が、最新の輸出ビジネスの情報、成功事例などをご紹介しています。
会員の募集やセミナー・勉強会、その他のサービスをいち早く告知させていただきます。



発行周期:不定期

PageTop

無料メールマガジン

更新情報

サブメニュー

取材・セミナーについて

取材執筆出張セミナーなどのご依頼はこちらから ご連絡ください。折り返しご連絡差し上げます。

会社概要

株式会社テントゥワン

住所:〒596-0078
大阪府岸和田市
南町上町1-49-7

電話:050-5534-5789

ご購入者の方には
特別プレゼントがございます。

世界一やさしい ネット輸出ビジネスの稼ぎ方

塚原昭彦の書籍 世界一やさしい
ネット輸出ビジネスの稼ぎ方


世界一やさしい 小さな会社のネット集客超改善バイブル

世界一やさしい 小さな会社のネット集客超改善バイブル


日本ネット輸出入協会会員正会員の募集

Valid XHTML 1.0 Strict

Valid CSS!


HOME - サポートメニュー - 教材&サービス - クライアントの声 - お問い合わせ - プロフィール

会社概要 - コンサルティング会員規約 - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。