ネット輸出ビジネス 越境EC 個人輸出なら - 塚原昭彦のコンサルティング

HOME > 輸出入コラム > 独身20代前半の女性が一番いいです!

独身20代前半の女性が一番いいです!

ちょっと誤解されそうなタイトルですが・・・・・・
どういうことかと言いますと、ぼくが30歳前後にしていた仕事は「カラーマッチャー」という仕事でした。
染色工場のビーカー試験をする仕事です。

工場では、一度に何百キロもの生地を染めますので、その色の出具合をビーカー試験で試してみるんです。

各メーカーの染料の選定、染色方法、もちろんコスト面なども考慮して一番いい染料と染め方を提示する仕事です。

基本、赤・黄・青で染めます。
この3色ですべての色を再現できます。

「この世に同じ色はない」とよく言われて試験していました。
差異をどれだけ小さくできるかのスキルを問われます。

色の差異は、コンピューターでも判別できて、あと黄色を○%とか、赤を○%減らすとかはじき出してくれるのですが、その通りにやってもうまくいきません。

試験室には、ぼくの他は全員、独身の20代前半の女性でした。
なぜ「独身の20代前半の女性」なのか?

色の違いが一番認識できると言われています。
実際、コンピューターより正確に違いがわかっていました。

1000万円のCCMという機械を導入しましたが、使うことなく、女性たちの目視で毎日の仕事をしていました(苦笑)

若い女性をターゲットにした商材を扱っておられる方は、サイトや商品の細かい色使いは必須だと思います。

先日、ある方のブログで、青を緑色にしたら売上げが1.5倍になった。
と書かれているのを見ました。
一時的であれ、本当だと思います。

ぼくのクライアントさんも、初めてご自分でサイトを作られた方は、いろんな色を使われて、たいへんカラフルなものになることがあります。
明るくていいんでしょうが、使う色の種類は極力抑えた方がいいです。
ぼくは基本「青」でサイト作ることが多いです。


黄:楽観的・若々しさ。

赤:心拍数を高める色。緊急性があり、セール中の商品に使われます。

青:信頼と安全の色。

オレンジ:「購入する」「購読する」などのボタンに使われる事が多いです。

黒:高級な商品を扱うサイトで使われます。


などなど、
商材やターゲットによってメインに使う色は決めなくてはいけないですね。

「青」でもいろんな青がありますので、売れているライバルのサイトを、独身20代前半の女性に見てもらってから決められるのもいいと思います(笑)

無料メルマガジンの登録はこちらから

あなたのネット輸出入ビジネスのヒントにしてください。

「輸出マスター」塚原昭彦が、最新の輸出ビジネスの情報、成功事例などをご紹介しています。
会員の募集やセミナー・勉強会、その他のサービスをいち早く告知させていただきます。



発行周期:不定期

PageTop

無料メールマガジン

更新情報

サブメニュー

取材・セミナーについて

取材執筆出張セミナーなどのご依頼はこちらから ご連絡ください。折り返しご連絡差し上げます。

会社概要

株式会社テントゥワン

住所:〒596-0078
大阪府岸和田市
南町上町1-49-7

電話:050-5534-5789

ご購入者の方には
特別プレゼントがございます。

世界一やさしい ネット輸出ビジネスの稼ぎ方

塚原昭彦の書籍 世界一やさしい
ネット輸出ビジネスの稼ぎ方


世界一やさしい 小さな会社のネット集客超改善バイブル

世界一やさしい 小さな会社のネット集客超改善バイブル


日本ネット輸出入協会会員正会員の募集

Valid XHTML 1.0 Strict

Valid CSS!


HOME - サポートメニュー - 教材&サービス - クライアントの声 - お問い合わせ - プロフィール

会社概要 - コンサルティング会員規約 - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。