ネット輸出ビジネス 越境EC 個人輸出なら - 塚原昭彦のコンサルティング

HOME > 輸出入コラム > Google Analyticsの数値がいいのに売れないのは?

Google Analyticsの数値がいいのに売れないのは?

ぼくはサイト販売に注力しています。
会員さんもそうですが、海外をメインにサイト販売しています。

アクセス解析するときのツールはGoogle Analyticsを導入しています。
いろんな無料ツールはありますが、正確でいろんなデータ解析ができます。

正確というのは、多くのものはクローラーのアクセスもカウントしてしまいます
が、Google Analyticsはきちんと人のアクセスをとってくれます。

Google Analyticsではいろんな数値がわかるのですが、直帰率・ページビュー・滞在時間などはいつもチェックしておかなくてはいけない数字です。

セミナーなどでいつも言っていますが、「Google Analyticsの数値を動かせるようになったら売上も操作できます」。


ぼくのある会員さん。
海外サイトを運営されています。見た目もきれいでいいサイトになりました。

直帰率が低く、ページビューも多い。滞在時間も申し分ない。
でも売れない。

というご相談を受けました。

その方の管理画面に入ってみますと、なるほど、アクセスもまあまああって、各数字もいい数値です。

これで売れないのは価格設定と行きがちですが、それは最後のほうの処方です。

この方の商材はある分野に絞ってはいますが、商品点数は多いんです。

このような商材を販売する場合の流れは、

①トップページ

②カテゴリーの商品ラインナップページ

③個別ページ

というものになります。
コンテンツサマリーをチェックしますと、各カテゴリーページが上位にあがっていて直帰率・滞在時間も長いんです。

そしてどのページに行っているかといいますと、また別のカテゴリーページに行っています。

これはよくない流れです。
あきらかに訪問者は「迷っています」。

サイト内をいろいろ見てもらうのはいいことなのですが、この場合はその限りではありません。

うまく個別ページに誘導していかなくてはいけません。
個別ページまでいって売れないのは、価格であったり、レターであったり、まだまだ他の要素もありますが、今回はその修正は後になります。

誘導の方法と、もうひとつ売れない重要な理由をアドバイスさせていただきました。
たぶん1ヶ月後には、変化があり反応がでているはずです。


2011.09.14

無料メルマガジンの登録はこちらから

あなたのネット輸出入ビジネスのヒントにしてください。

「輸出マスター」塚原昭彦が、最新の輸出ビジネスの情報、成功事例などをご紹介しています。
会員の募集やセミナー・勉強会、その他のサービスをいち早く告知させていただきます。



発行周期:不定期

PageTop

無料メールマガジン

更新情報

サブメニュー

取材・セミナーについて

取材執筆出張セミナーなどのご依頼はこちらから ご連絡ください。折り返しご連絡差し上げます。

会社概要

株式会社テントゥワン

住所:〒596-0078
大阪府岸和田市
南町上町1-49-7

電話:050-5534-5789

ご購入者の方には
特別プレゼントがございます。

世界一やさしい ネット輸出ビジネスの稼ぎ方

塚原昭彦の書籍 世界一やさしい
ネット輸出ビジネスの稼ぎ方


世界一やさしい 小さな会社のネット集客超改善バイブル

世界一やさしい 小さな会社のネット集客超改善バイブル


日本ネット輸出入協会会員正会員の募集

Valid XHTML 1.0 Strict

Valid CSS!


HOME - サポートメニュー - 教材&サービス - クライアントの声 - お問い合わせ - プロフィール

会社概要 - コンサルティング会員規約 - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。