ネット輸出ビジネス 越境EC 個人輸出なら - 塚原昭彦のコンサルティング

HOME > 輸出入コラム > 失敗したくなければ○○すればいい!

失敗したくなければ○○すればいい!

たとえばeBayで売れる商品を見つけたいと思ったとき、アドバンスサーチなどを使って探したりします。

たくさん売っている人を見つけて、どんな商品を扱っているのか、直近でいくらで売れているのか(これもアドバンスサーチでわかります)、またどのような出品をしているのか、レターはどうかなど、見るのはとても勉強になります。

「マネ」すればいいです。

サイトでもそうですが、参考にするサイトはぼくもたくさんあります。
勉強になりますね。


ネットビジネスの場合、右クリックでコピーして自分ところに貼り付ければ簡単に売れているサイトは作れてしまします。

テキスト引用や画像もそうですね。


これを悪いと知っていてやる人と、知らないでやっている知的レベルの低い人との違いはありますが、このような幼稚なお金儲けしているからネットビジネスの信頼性が上がらないのです。キチンとビジネスしている人のええ迷惑です。

ぼくは社団法人 日本ネット輸出入協会というのを運営しています。
協会会員さんに弁護士さんやエキスパートの人たちの見解や情報を発信させていただいているのですが、著作権に関係することは幾度となく弁護士さんに執筆していただきました。


スポーツでもそうですが、名選手のマネして練習すれば上達は早いです。
マネ(モデリングの方がいいですね)することによって大きく近道できることは間違いありませんが、どこをモデリングするか、どこからモデリングするかが重要だと思うのです。

著作権に抵触する内容はもちろん駄目ですが、モラルも大事で、たとえばライバルが新しいサービスを始めました。
これはいいということで自分も始める。これは別に悪いことではないですが、オリジナリティある内容のものだとぼくだと人道的に露骨にマネできません。


同じカテゴリーの人ではなく、アイデアのモデリングは別のカテゴリーの方のを参考にした方がヒントになること多いですしいいと思います。

携帯売っているけど参考にしているのは、お好み焼き屋さんのサイトといった感じです。

自分はしなくてもライバルが自分のアイデアをドンドン使っていくということもあるでしょう。

ある意味、一目置かれているということなのですが、マネのやりあいの最後は価格競争しかなくなります。

どちらが残るかというと資金力のあるところか、リピーターの多い方になると思います。

「濃いリピーターをたくさんもっている」「○○といえば自分の名前があがる」
「検索順位が不動の1位」など新規参入や売上のあがっていないライバルがマネしても絶対的な地位を確立しておくのは大事だとも思います。

無料メルマガジンの登録はこちらから

あなたのネット輸出入ビジネスのヒントにしてください。

「輸出マスター」塚原昭彦が、最新の輸出ビジネスの情報、成功事例などをご紹介しています。
会員の募集やセミナー・勉強会、その他のサービスをいち早く告知させていただきます。



発行周期:不定期

PageTop

無料メールマガジン

更新情報

サブメニュー

取材・セミナーについて

取材執筆出張セミナーなどのご依頼はこちらから ご連絡ください。折り返しご連絡差し上げます。

会社概要

株式会社テントゥワン

住所:〒596-0078
大阪府岸和田市
南町上町1-49-7

電話:050-5534-5789

ご購入者の方には
特別プレゼントがございます。

世界一やさしい ネット輸出ビジネスの稼ぎ方

塚原昭彦の書籍 世界一やさしい
ネット輸出ビジネスの稼ぎ方


世界一やさしい 小さな会社のネット集客超改善バイブル

世界一やさしい 小さな会社のネット集客超改善バイブル


日本ネット輸出入協会会員正会員の募集

Valid XHTML 1.0 Strict

Valid CSS!


HOME - サポートメニュー - 教材&サービス - クライアントの声 - お問い合わせ - プロフィール

会社概要 - コンサルティング会員規約 - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。