ネット輸出ビジネス 越境EC 個人輸出なら - 塚原昭彦のコンサルティング

HOME > 輸出入コラム > 法人設立のタイミングはいつがいいか

法人設立のタイミングはいつがいいか

ネット輸出ビジネスを副業でされている方もいますし、独立起業を考えられている方もいらっしゃると思います。

ぼくの会員さんも起業される方が増えてきました。

よく聞かれるのは法人設立のタイミングです。
税金関係で売上700~1000万とかいろいろ聞きますが、ぼく個人的にはすぐされればいいと思います。

昔は資本金1000万でしたが今は1円からでもできます。

一人ビジネスだと個人事業主でも法人でもどちらでもいいのですが、法人格の方が「仕入れ」は間違いなくしやすいです。

「信用度」がやはりあがります。
ですので、今月友人が代理販売専門のサービスをはじめるときは、法人にしてもらいました。資本金は100万ですが1円よりは「普通の会社」と思われます。

信用してもらうためにはこちらの考え方とか仕事とか知ってもらわないといけませんがまずは「見た目」も大事ということです。


法人設立より大事なタイミングがあります。

独立のタイミングです。

ぼくは会員さんには基本的に独立を勧めている方です。
今の月収以上を半年継続できたらということも言っています。

それですとサラリーマンを辞めて、その時間を使えるので収入を上げれます。

みなさん自由な時間と収入を想像されますが、税金をきちんと考えておかなければいけませんし、かなり強いメンタルが必要となります。

ですので1・2ヶ月急に売上300万になったとか利益50万になったとかで相談を受けますがその時点ではまだまだ早計です。

しかも輸出入転売だけだと大きく売上・利益が下がる可能性あるので、独立は待たれた方がいいでしょう。


何度も警鐘鳴らしていますが、副業なら簡単ですしとてもいいビジネスモデルだと思うのですが、本業としての転売に未来はありません。

無在庫販売など早晩できなくなります。

ですので、仕入先交渉したり意匠権・商標権とって販売したり、代理店契約したり、メーカーになったり。

このようなことをしないとライバルとは差がつけられなくなります。

ですがここまでいくには売る力であったりスキルが必要になるわけで、そのためにまずはサイト販売ではなくeBayやアマゾンで転売(在庫リスクがない無在庫がいいですがeBayもアマゾンも本来は有在庫販売でないとだめです)を推奨しています。


コツコツと成果をだしてネット輸出入ビジネスで独立起業される方をぼくは応援
しますが、「転売で止まらない」ということはとても大事です。

※転売を否定しているのではありません。転売は商売の基本ですしネット販売の場合、絶対経験しなければいけない部分です。


20代ならまだダメになってサラリーマンに戻れますが、30台後半は再就職も厳しいです。
養う家族もいれば尚更です。


老婆心ながら、30後半で転売時に独立して苦労したぼくが言うのですから間違いありません。


2015.08.24

無料メルマガジンの登録はこちらから

あなたのネット輸出入ビジネスのヒントにしてください。

「輸出マスター」塚原昭彦が、最新の輸出ビジネスの情報、成功事例などをご紹介しています。
会員の募集やセミナー・勉強会、その他のサービスをいち早く告知させていただきます。



発行周期:不定期

PageTop

無料メールマガジン

更新情報

サブメニュー

取材・セミナーについて

取材執筆出張セミナーなどのご依頼はこちらから ご連絡ください。折り返しご連絡差し上げます。

会社概要

株式会社テントゥワン

住所:〒596-0078
大阪府岸和田市
南町上町1-49-7

電話:050-5534-5789

ご購入者の方には
特別プレゼントがございます。

世界一やさしい ネット輸出ビジネスの稼ぎ方

塚原昭彦の書籍 世界一やさしい
ネット輸出ビジネスの稼ぎ方


世界一やさしい 小さな会社のネット集客超改善バイブル

世界一やさしい 小さな会社のネット集客超改善バイブル


日本ネット輸出入協会会員正会員の募集

Valid XHTML 1.0 Strict

Valid CSS!


HOME - サポートメニュー - 教材&サービス - クライアントの声 - お問い合わせ - プロフィール

会社概要 - コンサルティング会員規約 - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。