ネット輸出ビジネス 越境EC 個人輸出なら - 塚原昭彦のコンサルティング

HOME > 輸出入コラム > ネットビジネスで売上げをあげる簡単な方法とは?

ネットビジネスで売上げをあげる簡単な方法とは?

インターネットで物を販売することは簡単です。
オークションやショッピングモールへの出品、ネットショップの立ち上げるなど少ない資金で誰でもチャレンジできます。

しかし実際に買ってもらうには、いろんな工夫や企業努力、知識・経験、そしてノウハウが必要になってきます。

簡単になんか売れないです。

ネットの世界は「コピー」が簡単にできます。

売れているサイトを見つけてコピーしたらどうでしょう。

具体的に見つける方法は、輸出ビジネス養成講座やコンサルティング会員さんにはお伝えしていますが、

売れているサイトは、検索で上位に表示されているサイトではありません。
「長期間広告を出し続けている」サイトが売れているサイトです。

つまりコンバージョンが安定していて広告費を使っても利益が出ているサイトが「売れているサイト」です。

そのサイトをコピーして広告を打てば簡単に利益がでます。

しかしこんな方法は当然法的にもアウトな方法です。


次の方法はどうでしょう。

ぼくは長らくネット輸出ビジネスのコンサルティングをしています。
8年目になるでしょうか。

多くの会員さんの成功事例を目の当たりにしています。

当然、売れる商品の情報もたくさん入ってきます。

コンサルタントはクライアントの利益を上げることと、利益を守ることが使命だと思っています。

ですのでぼく自身はクライアントさんの商品は販売しませんし、了承を得なければ公開も絶対しません。自分の代理販売しているサイトも公開したことありません(これは契約上)。

転売がメインのぼくたちの扱う商材で「売れる商品」を知られることは死活問題以外のなにものでもないからです。

すぐ真似されます(笑)。

ですので海外向けのサイトを作っても日本からは閲覧不可にしますし、2冊本を書かせていただきましたがサイトのURLは公開しませんでした(見せたほうが信憑性が出るし読者の方にも満足いただけるでしょうが)。


オリジナルはコピーからです。これは否定しません。
コピーを繰り返してオリジナルに発展します。

しかしコピー(真似)の仕方がモラルであったり線引きが必要で、場合によっては法に抵触する場合もあります。

ぼくがクライアントさんから売れている商品を聞いて、それで自分で売っていたら......


完全にアウトです。

コピーとは違う話ですが、
大震災のとき、水や生活用品を大量に仕入れて現地で販売した人がいました。


自分の立場やタイミングを利用すれば、簡単に売れる商品はあるかもしれませんが、魂を売ったら終わりです。


2015.09.06


無料メルマガジンの登録はこちらから

あなたのネット輸出入ビジネスのヒントにしてください。

「輸出マスター」塚原昭彦が、最新の輸出ビジネスの情報、成功事例などをご紹介しています。
会員の募集やセミナー・勉強会、その他のサービスをいち早く告知させていただきます。



発行周期:不定期

PageTop

無料メールマガジン

更新情報

サブメニュー

取材・セミナーについて

取材執筆出張セミナーなどのご依頼はこちらから ご連絡ください。折り返しご連絡差し上げます。

会社概要

株式会社テントゥワン

住所:〒596-0078
大阪府岸和田市
南町上町1-49-7

電話:050-5534-5789

ご購入者の方には
特別プレゼントがございます。

世界一やさしい ネット輸出ビジネスの稼ぎ方

塚原昭彦の書籍 世界一やさしい
ネット輸出ビジネスの稼ぎ方


世界一やさしい 小さな会社のネット集客超改善バイブル

世界一やさしい 小さな会社のネット集客超改善バイブル


日本ネット輸出入協会会員正会員の募集

Valid XHTML 1.0 Strict

Valid CSS!


HOME - サポートメニュー - 教材&サービス - クライアントの声 - お問い合わせ - プロフィール

会社概要 - コンサルティング会員規約 - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。