ネット輸出ビジネス 越境EC 個人輸出なら - 塚原昭彦のコンサルティング

HOME > 輸出入コラム > 輸出ビジネス:海外サイト制作でのドメインの重要度

輸出ビジネス:海外サイト制作でのドメインの重要度

ドメインについて少し書かせていただきます。
取得しているドメイン。年末に数えたら250個ありました。

使っていないのもたくさんありますが、持っているだけでプラスになるドメインもあるんです。

あまり意識されている方が少ないのでちょっと意識してみてください。

海外販売サイトを作る上で最初の段階でじっくり考えなければいけないのは、「ドメイン」です。

このドメイン。日本国内サイトではあまり重要視されていない感じがします。

短く・キーワードが入っている「.com」のドメインが理想です。

大きな力ではないにしろSEOに関係するし、その後の販売(これはまた機会があれば)大きな影響を及ぼします。

「.com」以外にも「.net」などなどたくさんのドメインの種類がありますが、ターゲット国を絞らず全世界向けのサイトなら前述しましたように「.com」、条件によっては「.net」を取得します。

他のドメインはある特定の目的以外は使いません(「.infoや.tokyoなど」)。
検索を意識したサイトを作るのであれば取得しなくて結構です。

ドメインの取得は世界中「早いもの勝ち」です。
Googleが2015年秋に、「google.com」の所有権を一時的に失ってしまいました。
ビックリするくらいの凡ミスです。

結局新しい取得者Sanmay Ved氏から買い戻す形になったのですが、Sanmay Ved氏
が取得していたのはわずか1分間だったそうです。


海外ではドメインの売買が活発です。
ドメインの力を知っているサイト運営者はいいドメインを欲しがります。
「creditcard.com」などは数百万円で取引されています。

今回のSanmay Ved氏は転売目的ではなかったのでGoogleと友好的に交渉が行われました。

金額は「6006.13ドル」だったそうです。
「6006.13」→「google」に見えます。面白いですね。

Sanmay Ved氏は慈善団体に寄付すると表明したので、それを受けて最終的に、Googleはその倍支払ったそうです。
このように美談で終わることもあるのでしょうが、揉めることもあります。


日本初のドメイン裁判。「jaccs.co.jp」のドメインを巡ってクレジットカード会社のジャックスと、ドメイン取得者の有限会社日本海パクトが使用差止めを巡って裁判で争いました。

この裁判は、ジャックスが勝ったのですが、ドメインは早いもの勝ちではあるけれど、訴えられる可能性もあるということです。


ドメインは、ぼくたち個人レベルでも大きな企業と話できる材料にもなります。
ドメインは使い方によってはビジネス・交渉の大きな武器になるのです。

この辺りはとても大事なので輸出ビジネス®エキスパート養成講座で毎回詳しくお伝えしています。


2016.02.05

無料メルマガジンの登録はこちらから

あなたのネット輸出入ビジネスのヒントにしてください。

「輸出マスター」塚原昭彦が、最新の輸出ビジネスの情報、成功事例などをご紹介しています。
会員の募集やセミナー・勉強会、その他のサービスをいち早く告知させていただきます。



発行周期:不定期

PageTop

無料メールマガジン

更新情報

サブメニュー

取材・セミナーについて

取材執筆出張セミナーなどのご依頼はこちらから ご連絡ください。折り返しご連絡差し上げます。

会社概要

株式会社テントゥワン

住所:〒596-0078
大阪府岸和田市
南町上町1-49-7

電話:050-5534-5789

ご購入者の方には
特別プレゼントがございます。

世界一やさしい ネット輸出ビジネスの稼ぎ方

塚原昭彦の書籍 世界一やさしい
ネット輸出ビジネスの稼ぎ方


世界一やさしい 小さな会社のネット集客超改善バイブル

世界一やさしい 小さな会社のネット集客超改善バイブル


日本ネット輸出入協会会員正会員の募集

Valid XHTML 1.0 Strict

Valid CSS!


HOME - サポートメニュー - 教材&サービス - クライアントの声 - お問い合わせ - プロフィール

会社概要 - コンサルティング会員規約 - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。